「いらない服や靴はありませんか?」という営業電話がかかってきたら。

「要らない服や靴はありませんか?」という営業電話がかかってきたこと、ありませんか?

営業の買取電話

全てが全て「貴金属・ブランド品狙い」とは言いません。 もちろん良心的な業者さんからの電話もあるかもしれません。 ですが、甘い言葉にはご用心くださいね。 とりあえず一度電話を切ってから、必要であればこちらからかけ直すとお返事して、会社の電話番号を聞いてください。 電話番号検索すると「口コミでチェック」することができるかもしれません。

 

 

そもそも「金・プラチナ」の類を、計量もしないで査定金額を出すのは、間違ってますよね~

最近、よく「リサイクルショップ」から『不要品買取ますよ』という電話がきます。 『お宅の近所を弊社のトラックが回るので、いらないお洋服があれば買取しますよ』・・・みたいな電話です。

これ、本当に目当てなのは洋服じゃなくて、貴金属や高級ブランド品だったってご存じですか? 洋服を買います・・・というのは【エサ(人参とも言う)】なんです。 本当の狙いは「金目のもの」であったのようなのです。

だって、どこの誰ともわからない人(店)から『貴金属買取りますよ』なんていきなり電話で言われたって、普通は売りたいと思わないですよね? でも「若いころに着ていた肩パッド入りのコートを、先日お客さんから4000円で買い取りしました」なんて言われたら「へぇ~」と心が動いちゃったりしませんか?「ワタシのコートはいくらになるかしら?」なんて考えちゃったりしますよね?

ところが実際に4000円になったのは“肩パッド入りのコートじゃなくて、コートと一緒に買い取った貴金属”であったのです。

服を買ってもらおうと訪問してもらったトコロ「すみません。このコートは頑張っても100円ですね。」と言われてしまったら結構がっかりしますよね? そこへ「よかったら、せっかくなので、使っていない指輪やネックレスがあれば査定しますよ♪」と言われたとしたら・・・ちょっと見てもらっちゃおうかと思いますでしょ? で。。。服は100円だったけど、指輪は4000円になると言われたら「どうせ使わないし売っちゃおうか」ってことになるわけで~  実は狙いはそこだった!

  

買取セールス

  

その証拠に「いらない服はありますけど、いらない貴金属やブランド品はありませんよ。服だけ買い取ってもらえますか?服だけしか無いです!!」と言ったら、断られてしまいましたから。。。

 

リサイクル店(買取店)がこんな風に電話をしてくる理由の1つには、特定商取引法という法律があるからなんです。 先日、古物商向けの講習会に行ってきましたので、詳しくはブログに書きますね!

実際に引き取って欲しいものがある際、業者さんの評判を調べる方法

必ずしも有効とは限りませんが、「家族と相談して、お願いする場合はかけ直しますので、電話連絡先を教えてください。」と一旦電話を切ってください。

ナンバーディスプレイの電話機をお使いの場合は、かかってきた番号もメモしておいてくださいね。

そして、スマホ・PCの検索欄に「電話番号を入れて検索」をしてみてください。

もしも、その業者さんがあまり評判のよくない企業さんであった場合、たくさんの「注意勧告」を促す口コミがヒットすることと思います。 良くない口コミがヒットした場合は、そのままスルーしちゃいましょう。 電話をかけ直す必要はありませんよ~

処分したいものは、宅配買取サイトか、地域行政の回収サービスなどを利用してください。 本サイトがお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする