【店舗で査定】ブランド品を店舗で買取査定もらってわかった8つのこと

今回、コーチとプラダ。2つのブランドバッグを、店舗へ持ち込んで買取査定してもらってみました。


その際「えーーーー?!」と思うことがあったので、そのことを交えて「ブランド品を店舗で買取査定してもらう際の注意点」を書いておきます。

店舗で買取査定してもらった2つのバッグ。

coachのバッグ
プラダのバッグ

こちらの記事の続きですので、まずはこちらからご覧ください。



「プラダのナイロンバッグ」の査定で『えーーーー?』と思ったこと。

「プラダのナイロンバッグ」は、2005年にオリコカードの懸賞で当てた商品です。
大手カード会社の会員紙での大々的なプレゼントキャンペーンでしたから、間違いなく本物だと思います。(笑)

 

相当古いものですけどね。 使用回数はそれほど高くないので、古い割には美品です。 でもギャランティーカードはありません。失くしました。

プラダのナイロンバッグ

プラダのナイロンバッグ

ですが、B店の査定で「ゼロ円」と言われたので、びっくりしました。 理由を伺うと、内側の両サイドが裂けてるから・・・とのこと。

 上の写真を撮影した際にワタシもバッグの中をのぞいていますが、ワタシ自身は布の破れに気づいていなかったので、「えーーーー?!」って感じです。 
言われて確認してみると下の写真のようなすごい状態になっていました。

プラダの破れ

※以下心の声。

事前に写真を撮った時には気づかなかった・・・元々こんな状態だったのかしら? てか、先に見てもらったA店のスタッフさんは、内側の難のことは何も言っていなかったし。 
「プラダのバッグは2500円ですが、ギャランティーカードが見つかったら5000円で買います」・・・って言っていたけど。 それって、破れを承知の上での価格なのかしら? そんな訳ないよね~???  まさか、B店の査定中に、内袋を強く引いて破いちゃった・・・なんてことは?

なんだかすごく気になってしまったので、最初に査定してもらったA店(名刺をいただいた)へ電話で尋ねてみると
「内側は見ていません。表の状態で査定しました。 中が破れているなら、500円出せるかどうか・・・ですね」とのお返事でした。

つまり、最初から破れていたかどうかは不明ということになります。 もともと内側までくまなくチェックしていなかったのと、査定中にスマホを見ていて、作業をちゃんと確認していなかった自分が悪いので、今更文句は言えません。

高値を提示してくださったA店さんに気を良くしていたワタシでしたが。 内側を確認していない査定って、そんなのアリなんでしょうかねー? 
最初に「とりあえず査定だけ」って伝えていたので、適当にされちゃったんでしょうか? もしも「その金額で売ります」ってその場で言っていたとしたら、2500円でOKだったってことですよね? いいの?それで???

最初から破けていたとしたら、B店のスタッフさんを疑ってしまったのは、大変失礼で申し訳ないことだと思うのですが、それならそれで、今度はちゃんと査定したの?とA店の提示金額が疑問に思えてくるワケで。 コーチのバッグが他所より高かっただけに、再度その価格で買うと言ってくれるのか?が不安になります。



ブランド品を店舗で買取査定してもらってわかった8つのこと

ということで、店舗でのブランド品査定で学んだことは、以下8つのつです。

  • 査定だけなら、記名や身分証明の必要はない。商品を渡して見てもらうだけでOK。
  • 店によって、プラダはギャランティーカードが無いと取り扱ってもらえない。
  • 店によって、査定価格に差が出るらしい。コーチは査定価格に倍以上の差があった。
  • その価格なら売っても良いと思った場合は、担当者に名刺をもらって、いつまでその価格で買ってもらえるか?確認しておく。
  • 対面式での査定の場合は、査定の様子をしっかり見ておいた方がいい。
  • 商品を査定に持ち込み前に、自分自身でくまなく商品の状態をチェックしておくこと。できれば写メでも撮っておく。
  • 査定できるスタッフは限定されるようで、先客がいると待たされる。急ぐときは、予約できるか?事前に確認すること。
  • 査定にかかる所要時間は、大体1点5分程度。

今回はとりあえず売らずに持ち帰ってきましたので、これから宅配買取サイトのネット査定にかけてみます。 続きはこちらで

今やっています。待っててね。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする